サービス概要_test

サービス概要_test

水源確保で、豊かに潤う経営へ

水道水よりも、おいしく安全な「水」が得られ、経費削減になる。 渇水時・災害時にも、安心して事業継続できる。 自家水道システムが、工業・医療・商業など、水の利用が欠かせない 全事業を支えます。

地下水や工業用水を活用して水道料金を コストダウン

一般的に上水道料金は、使えば使うほど水道単価が徐々に上がっていく『累進課金』という仕組みをとっています。これは、利用者が水を使いすぎないよう、節水を促すための仕組みとも言われています。そのため、水を大量に使用する大規模な企業様ほど高額な上水道料金を支払っていることになっています。そこで当社では、地下水や工業用水を活用することで、高額な上水道使用量を抑え、水道コストを抑えるサービスを提供しています。

上水道とは別に、
自前の水道を併用することでコストダウン

上水道と自前の水道の2系列を併用することで、水道コストを抑えることができます。 また、オンサイト方式という形式を取れば、初期費用の負担なく、導入することができます。

▲自家水道の導入例

 

 

各種手続き・保守作業の効率

水処理設備(製造用水、専用水道、冷却水管理等々)の作業負担は、経年劣化とともに年々上昇しています。また法令順守(コンプライアンス)を徹底するために、公的な手続き(専用水道や下水道申請、水質結果の保存)も益々増えつつあります。 それらの作業や手続きを当社へアウトソーシングしていただくことで、お客様の作業負担を軽減するお手伝いをいたします。

■設備の更新
(初期投資不要なオンサイト方式)
■設備のアウトソーシング
■遠隔監視によるデータ保存


■既存設備のアウトソーシング
■高額なメンテナンス費用の見直し
■水処理のセカンドオピニオン


■性能向上
■排水量低減
■電気量削減(省エネ)
■過剰スペックの見直し
■運転の自動化

■点検、記録作業の削減
■運転記録の保管
(クラウドで2年以上保存します)
■グラフで経年の動きを確認


■揚水量の復帰
■高額な井戸メンテナンス費用の見直し
■井戸のセカンドオピニオン

 

 

不測の事態を地下水や貯水槽で

昨今では以前にも増して、地震や台風といった天災が増え、水道配管の劣化に伴う漏水等もあり、突然の断水が増えてきています。水道の復旧は電気と比べ非常に時間が掛かるため、備えとして、地下水の活用や貯水槽の設置をご提案しています。

 

 

事業継続(BCP)&地域貢献

水の確保は、事業の継続に繋がるだけでなく、地域貢献も可能となります。お客様の中には、地震による断水時に、近隣住民の皆様が飲料可能な地下水を提供することで、「地域にとって重要な施設だ」と感謝されるような関係性を構築されています。

 

 

水量・水質の見直し

建物改築・増築後の水道使用料の増加、工場での生産量の変動、過大な設備、使用量の減少など、様々なシーンに合わせた、最適な稼働時間やプラント制御をご提案いたします。

必要な分だけ確保する

水の使用量や用途に応じて、お客様に合わせた最適な規模や性能の設備をご提案いたします。

製造用水設備(井戸)
冷却水用設備(井戸)
飲料用水設備(工業用水)
既存設備の更新(受水槽)

 

 

長くおトクにするために、条件を見直す

古くなった水処理設備の見直しがしたい、排水量を減らしたい、作業負担を軽減したいといったお客様の要望を解決します。 また、昔は最善だった設備も、近年の技術革新により、更新をした方が良い場合があります。設備能力の向上、電気料金削減、消耗品延命、省力化等、あらゆる観点から、長くお得に使っていただける設備のご提案もさせていただきます。

 

 

IoT化で稼働データを管理・監視

流量計(瞬間・積算)、圧力計、残留塩素計、濁度計、温度計等、計器類を設置し、それらを監視装置に接続することで、24時間の 稼働データをグラフ化させ、一元管理・監視しております。稼働データはクラウドに保存し、必要な時にすぐに確認できるため、様々な省力化・コストカットをご検討いただくことも可能です。

 

 

360度カメラを使って 設備の把握・記録

書類での管理は、「保管「」調べる「」探す」といった作業が発生します。 当社が採用するソフト(アプリ)を使うことで、写真に直接コメント・データ などを貼り付け、情報を1つのデータで管理することができ、必要な時に 必要な情報を直感的に格納・出力することができます。