【大阪府】自動車部品工場様 製造用水向け 新規井戸設備

【大阪府】自動車部品工場様 製造用水向け 新規井戸設備

新規井戸を掘削し、井戸水を工場で使用されるコージェネ冷却水やボイラー用水として活用しています。

新規井戸を掘削し、工場で使用されるコージェネ冷却水やボイラー用水として井戸水を活用しています。
井戸水の特徴でもありますが、井戸水は年間水温が一定しているため、井戸水を冷却水として使用することで夏期の冷却効率が上がり、使用水量3,000㎥/月で年間約250万円のコストダウンに成功しています。
また、災害時に生活用水としても使えるよう「協力井戸」として大阪府で登録されています。